メイン

外為 アーカイブ

2007年12月20日

FX業者に取引記録を提出させることに

FXの名前で身近な投資として親しまれている外国為替証拠金取引ですが、政府はFX業者に対して顧客の取引記録を出させるようにすることを決めたそうです。

FXの市場規模は、去年と比べて2倍近い195兆円まで拡大したそうです。

そんな外国為替証拠金取引はハイリスクハイリターンの商品ですので、利益が出ている人は本当に出てしまっているという状態のようです。

知っている人も多いと思いますが、今年だけでも何人か数億円の所得の申告をしなかった人が出て話題になりました。しかも主婦とか老人の方もいましたね。

しかし、そんなに話題のFXで業者から取引情報を提供する必要が無かったとは、驚きました。

そんな盛り上がっている市場なので、私もいざ参入と思いFX業者比較と検索するとたくさんのページが出てきます。

手数料やレバレッジ、スプレッドなど普段は耳慣れない言葉が飛び交っています。これは、さすがにちょっと分かりにくいので外為取引について勉強してみました。

外為を証拠金で取引するには、まず業者に証拠金という投資資金を預けることによっ口座を開くことが出来るようです。

口座を開いてお金を預けると、すぐに取引が出来ます。

ここまでは株式投資と同じですが、FXでは預けたお金以上の取引ができ、これを「レバレッジ」と言います。レバレッジは、100倍くらいが標準的らしく、1万円預けたら100万円の取引が出来ることになります。なるほど、これはハイリスクハイリターンのはずです。

このレバレッジなどの取引条件は取引業者によって違うので、FX比較サイトでしっかりと比較して最適な業者を選ぶ必要があるという訳です。

取引条件以外にも、手数料が必要な業者も多いです。しかし、外国為替証拠金取引では、スプレッドという手数料を取って、さらに手数料を取るとなる2重取りということにならないのかと疑問に思いました。

流行っている上に、手数料もたくさん取れたら業者さんはいっぱいお金がもらえそうですね。

しかし、2重取りされるのも微妙なので、やはり選ぶなら手数料が無料の業者にしようと心に誓いました。

何はともあれ、FXブームに乗るのも良いですね。取引記録は見られたくないですけど。

2008年01月18日

FXと商品先物取引の関係

最近FX業者についてのリサーチを進めていて、そろそろまた新しい取引業者との付き合いを始めようと思い、FX業者比較サイトをよく訪れています。

最近では、FX業者もかなり増えてきているので比較するのは楽しいのですが、かなりややこしいことになっています。

書店などに行くと、投資コーナーは結構FX関連の本が増えてきています。脱税のニュースで、主婦やご老人、果ては校長までFXで高額な利益を出しているのが分かったので、さらに注目を集めているようです。

さて、FXという外国為替投資は、かつては金融庁の登録番号が(金先)となっていたことをご存知でしょうか。FXは証拠金以上のお金が取引できたり売りから取引に入れるなど、まさに先物取引なのです。

なので、以前は怪しい業者がたくさんいて今ほど健全な投資方法というイメージがありませんでした。誰でもインターネットでちゃんとした業者と取引できるようになったのは、つい最近のことなのです。

しかし、依然として怪しい先物業者も存在することも確かで、たまにニュースや新聞などで大きく報じられていることがあります。

私も、現在バイオエタノールの材料として注目されていて値段が高騰しているコーンや、原油や石油という必ず枯渇してしまって値上がりする資源を投資対象にできる商品先物取引に魅力を感じています。

前年は、数十パーセントも値上がりしたガソリンは確実に今年も高騰するでしょう。商品先物取引が注目を集めることになっていくのは確実だと思います。

ただそれには、FXと同じように商品先物取引も良いイメージをお客さんに持たせることができるかどうかが鍵になるのかもしれません。

2008年03月27日

1ドル99円台からのFX

今月は、1ドル96円代まで円が急騰するという相場で、日本の輸出企業などの業績が悪化するという見通しで株式も急落していきました。

ところが、FXや外貨預金では96円が底値だとみる投資家が多く、たくさんの口座開設や米ドルの買いが行われたようです。

FX大手の外為どっとコムやマネーパートナーズでは、5〜6割増しで口座開設が増えているというニュースも流れていましたし、大手都市銀行も外貨預金が倍近い伸びを見せているという話です。

しかし、下がったときに買うというのは中短期の取引なら良いのですが、長期投資になる外貨預金で為替差益を狙うというのは少々リスクが大きいなと感じています。

これから先、米ドルの未来は全く読めませんし、金利も下がる一方でリスクが大きい割に非常にリターンの小さい商品と言える気がします。

もし私がやるならFXで、為替ドットコムにでも口座開設して、もっと安定したユーロなどに投資していくだろうと思います。ユーロは次世代の基軸通貨として、価値が上がる一方です。

最近では、外国為替証拠金取引で主婦投資家が増えていることは海外でも良く知られていて、こういった主婦たちを海外ではミセスワタナベと呼ぶそうです。

こういった主婦の方々は、FXランキングなどを見ていると非常に多いことが実感できます。みなさん普通の主婦に見えて、実は投資家なんてカッコいいですね。

自分の周りにもミセスワタナベがたくさんいるかもしれません。FXは庶民でも手の届く、身近な投資ですから実はやっているなんていう人も多いでしょう。

円高がこれからさらに進むと言われていますが、先のことは誰にも分かりません。不用意に経済学者の方の意見ばかり聞いて、後から損したなんてことだけは避けたいですね。

About 外為

ブログ「メロディーに感謝しながら〜thunks melody〜」のカテゴリ「外為」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはビューティーです。

次のカテゴリは経済です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。