« FXと商品先物取引の関係 | メイン | ETCのセットアップ件数が伸びている »

1ドル99円台からのFX

今月は、1ドル96円代まで円が急騰するという相場で、日本の輸出企業などの業績が悪化するという見通しで株式も急落していきました。

ところが、FXや外貨預金では96円が底値だとみる投資家が多く、たくさんの口座開設や米ドルの買いが行われたようです。

FX大手の外為どっとコムやマネーパートナーズでは、5〜6割増しで口座開設が増えているというニュースも流れていましたし、大手都市銀行も外貨預金が倍近い伸びを見せているという話です。

しかし、下がったときに買うというのは中短期の取引なら良いのですが、長期投資になる外貨預金で為替差益を狙うというのは少々リスクが大きいなと感じています。

これから先、米ドルの未来は全く読めませんし、金利も下がる一方でリスクが大きい割に非常にリターンの小さい商品と言える気がします。

もし私がやるならFXで、為替ドットコムにでも口座開設して、もっと安定したユーロなどに投資していくだろうと思います。ユーロは次世代の基軸通貨として、価値が上がる一方です。

最近では、外国為替証拠金取引で主婦投資家が増えていることは海外でも良く知られていて、こういった主婦たちを海外ではミセスワタナベと呼ぶそうです。

こういった主婦の方々は、FXランキングなどを見ていると非常に多いことが実感できます。みなさん普通の主婦に見えて、実は投資家なんてカッコいいですね。

自分の周りにもミセスワタナベがたくさんいるかもしれません。FXは庶民でも手の届く、身近な投資ですから実はやっているなんていう人も多いでしょう。

円高がこれからさらに進むと言われていますが、先のことは誰にも分かりません。不用意に経済学者の方の意見ばかり聞いて、後から損したなんてことだけは避けたいですね。

About

2008年03月27日 14:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FXと商品先物取引の関係」です。

次の投稿は「ETCのセットアップ件数が伸びている」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。