メイン | エステサロンの体験コースを予約 »

FX業者に取引記録を提出させることに

FXの名前で身近な投資として親しまれている外国為替証拠金取引ですが、政府はFX業者に対して顧客の取引記録を出させるようにすることを決めたそうです。

FXの市場規模は、去年と比べて2倍近い195兆円まで拡大したそうです。

そんな外国為替証拠金取引はハイリスクハイリターンの商品ですので、利益が出ている人は本当に出てしまっているという状態のようです。

知っている人も多いと思いますが、今年だけでも何人か数億円の所得の申告をしなかった人が出て話題になりました。しかも主婦とか老人の方もいましたね。

しかし、そんなに話題のFXで業者から取引情報を提供する必要が無かったとは、驚きました。

そんな盛り上がっている市場なので、私もいざ参入と思いFX業者比較と検索するとたくさんのページが出てきます。

手数料やレバレッジ、スプレッドなど普段は耳慣れない言葉が飛び交っています。これは、さすがにちょっと分かりにくいので外為取引について勉強してみました。

外為を証拠金で取引するには、まず業者に証拠金という投資資金を預けることによっ口座を開くことが出来るようです。

口座を開いてお金を預けると、すぐに取引が出来ます。

ここまでは株式投資と同じですが、FXでは預けたお金以上の取引ができ、これを「レバレッジ」と言います。レバレッジは、100倍くらいが標準的らしく、1万円預けたら100万円の取引が出来ることになります。なるほど、これはハイリスクハイリターンのはずです。

このレバレッジなどの取引条件は取引業者によって違うので、FX比較サイトでしっかりと比較して最適な業者を選ぶ必要があるという訳です。

取引条件以外にも、手数料が必要な業者も多いです。しかし、外国為替証拠金取引では、スプレッドという手数料を取って、さらに手数料を取るとなる2重取りということにならないのかと疑問に思いました。

流行っている上に、手数料もたくさん取れたら業者さんはいっぱいお金がもらえそうですね。

しかし、2重取りされるのも微妙なので、やはり選ぶなら手数料が無料の業者にしようと心に誓いました。

何はともあれ、FXブームに乗るのも良いですね。取引記録は見られたくないですけど。

About

2007年12月20日 21:08に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「エステサロンの体験コースを予約」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。