« クレジットカードのポイントを見直し | メイン | 1ドル99円台からのFX »

FXと商品先物取引の関係

最近FX業者についてのリサーチを進めていて、そろそろまた新しい取引業者との付き合いを始めようと思い、FX業者比較サイトをよく訪れています。

最近では、FX業者もかなり増えてきているので比較するのは楽しいのですが、かなりややこしいことになっています。

書店などに行くと、投資コーナーは結構FX関連の本が増えてきています。脱税のニュースで、主婦やご老人、果ては校長までFXで高額な利益を出しているのが分かったので、さらに注目を集めているようです。

さて、FXという外国為替投資は、かつては金融庁の登録番号が(金先)となっていたことをご存知でしょうか。FXは証拠金以上のお金が取引できたり売りから取引に入れるなど、まさに先物取引なのです。

なので、以前は怪しい業者がたくさんいて今ほど健全な投資方法というイメージがありませんでした。誰でもインターネットでちゃんとした業者と取引できるようになったのは、つい最近のことなのです。

しかし、依然として怪しい先物業者も存在することも確かで、たまにニュースや新聞などで大きく報じられていることがあります。

私も、現在バイオエタノールの材料として注目されていて値段が高騰しているコーンや、原油や石油という必ず枯渇してしまって値上がりする資源を投資対象にできる商品先物取引に魅力を感じています。

前年は、数十パーセントも値上がりしたガソリンは確実に今年も高騰するでしょう。商品先物取引が注目を集めることになっていくのは確実だと思います。

ただそれには、FXと同じように商品先物取引も良いイメージをお客さんに持たせることができるかどうかが鍵になるのかもしれません。

About

2008年01月18日 11:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クレジットカードのポイントを見直し」です。

次の投稿は「1ドル99円台からのFX」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。